飲食店でありがちな失敗談

飲食店でアルバイトをしていると、一番パニックになりやすいのがピーク時です。
昼や夕方にはお客様が大量に押し寄せるため、十分に食材の下準備をしておく必要があります。
下ごしらえの量が少なかったせいで特定のメニューを提供できなくなってしまったと言う失敗談はよく聞く話ですよね。
特に白米は炊き上げるために時間がかかるため、客足を観察しつつ早めに炊飯する必要があるのですが、そこまで目が行き届くようになるには経験が必要でしょう。
しかし、炊飯が間に合わず定食からカレーライスまで幅広いメニューを停止せざるを得なくなったら、お店に損害を与えてしまいます。
他にも忙しい飲食店の店内では、ホールスタッフがお客様のオーダーの順番を間違える事があります。
後から来たお客様のオーダーを先に受けたり、料理を運ぶ順番を間違えた場合、苦情が入るので注意が必要です。
もしも混雑している店内でお客様を適切に捌ききれない場合、来店順にお客様の名前を記入してもらい、順番が来たら席に着いてもらうようにし、来店を制限する必要があるのです。
こうした方法であればお客様に大まかな待ち時間も把握してもらえるため便利です。
一度にたくさん詰め込んでしまうと、1個でもミスをするとそれを後々まで引きずってしまい、パニックになることもあります。
また、忙しい時にキッチンで起こりがちな失敗と言えば料理のミスです。
オーダーとは別のものを作ってしまったり、作り方を間違える事もあります。
慌てるといいことはないので、注文伝票を一枚一枚確実に終らせることが大切です。
また、キッチンスタッフはホールスタッフと連携を取り、確認しながら仕事をするとミスが減りますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です